サーバー構築

Unison Part1

ファイル同期ソフトであるUnisonを導入する。
今回はWindowsとLinuxでできるようにしてみる。
まずはLinux側にUnisonをインストールする。

$ wget https://svn.cis.upenn.edu/svnroot/unison-contributed-binaries/linux/unison-2.17.1-linux-text.bz2
$ bunzip2 -d unison-2.17.1-linux-text.bz2
# chmod 755 unison-2.17.1-linux-text
# cp unison-2.17.1-linux-text /usr/local/bin/unison

次にWindows側にもUnisonをインストールする。
UnisonのWindowsバイナリをD:\unison配下に保存する。
さらに通信の暗号化をSSHを使って行うためplink.exeも入手しておく。
SSHで初回アクセス時にはフィンガープリントの確認が必要なのでこの段階で確認しておく。

D:\unison>plink.exe user@10.33.xx.yy -P 22 -pw password -ssh /usr/local/bin/unison -version
The server's host key is not cached in the registry. You
have no guarantee that the server is the computer you
think it is.
The server's rsa2 key fingerprint is:
ssh-rsa 1024 aa:11:bb:22:cc:33:dd:44:ee:55:ff:66:gg:77:hh:88
If you trust this host, enter "y" to add the key to
PuTTY's cache and carry on connecting.
If you want to carry on connecting just once, without
adding the key to the cache, enter "n".
If you do not trust this host, press Return to abandon the
connection.
Store key in cache? (y/n) y
unison version 2.17.1

コメント

タイトルとURLをコピーしました