サーバー構築

Apcupsd Windows対応

KAJUKAJU.netのサーバはLinuxでUPSとはシリアルケーブルと接続されているので連動済みなのですが、Windowsマシンは自動でシャットダウン処理を行えません。
Apcupsdにはネットワークを通じてUPS情報を連携し自動でシャットダウンまで行ってくれる機能があるので、対応することにします。
バージョンによって連携方法が違うのでLinuxとWindowsにインストールするApcupsdのバージョンはそろえておきます。
なお、今回はApcupsd 3.14.1を使いました。
Linux側の設定
/etc/apcupsd/apcupsd.conf

UPSCABLE smart
UPSTYPE apcsmart
DEVICE /dev/ttyS0
NETSERVER on
NISIP 0.0.0.0
NISPORT 3551
UPSCLASS standalone
UPSMODE disable

Windows側の設定
C:\apcupsd\etc\apcupsd\apcupsd.conf

UPSCABLE ether
UPSTYPE net
DEVICE 10.33.77.11:3551
NETSERVER off
UPSCLASS standalone
UPSMODE disable

これでOKです。
Windows側でApcupsdサービスを起動し、ステータスバーに電源アイコンが出れば成功です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました