前々からやってみようと思っていたX02NKのフォントを変更してみました。
意外とあっさりとできましたよ。
手順を簡潔にまとめてみたいと思います。
まずは今回のポイントです。
 ・フォントファイルはCドライブに置く
 ・FontRouter LTはEドライブにインストールする

この構成の利点はフォントファイルをCドライブ(内蔵メモリ)にインストールすることでレスポンス悪化を防ぎ、FontRouter LTをEドライブ(microSDカード)にインストールすることで、問題発生時の起動不能を回避することが可能になります。

それでは実際の手順です。
1.FontRouter LTのインストール
FontRouter LTはSelfSighをする必要があるのでファイルダウンロード後にSelf Sighをします。
FontRouter.LT.for.v9.Build20071109.opensigned.sisxというファイルができるのでインストールします。

2.フォントファイルのインストール
自分が使用したいフォントファイルを用意してX02NKにコピーします。
念のため、最初はEドライブにコピーしておきます。(E:\Data\Fonts\)
今回はhttp://www.ayati.com/font/で公開されているM+1MとIPAの合成フォントを使用します。

3.FontRouter LTの編集
E:\Data\Fonts\fontrouter.iniをWindowsマシンにコピーして編集します。
ファイル内の以下の部分にフォント名を追記します。

;; For S60 3rd
Series 60 ZDigi=M+1P+IPAG Regular

4.X02NKの再起動
X02NKを再起動すると新しいフォントで起動するので、問題がないか確認します。
起動しない場合等、問題が生じた場合はmicroSDカードを抜いて立ち上げれば大丈夫なはずです。

5.FontRouter LTの無効化
FontRouter LTが有効な状態ではフォントファイルのコピーができないので、一旦無効化します。
fontrouter.iniのEnable行を1→0にします。

Enable=0

6.フォントファイルの移動
X02NKを再起動し、フォントが元に戻ったことを確認してからフォントファイルをCドライブに移動させます。
保存先はC:\Data\Fontsになります。

7.X02NKの再起動
fontrouter.iniを編集し有効にしてからX02NKを再起動します。
Cドライブのフォントが読み込まれればOKです。

2008/05/26 19:36X02NKとGPS

X02NKにはGPS機能があります。
そしてNokiaからリリースされているNokia Sports Trackerというアプリケーションを使うとGPSのトラッキングログを取得することができます。
GPSでのトラッキングログは前々からやってみたかったので今回の四国旅行を機に試してみました。
当然のことながらNokia Sports Trackerが必要なので事前にインストールしておきます。
加工編集にはtrk2googlemapsを使いました。

1.適当に設定してトラッキングを開始します。
  Startボタンを押した直後からひたすらログを取り続けてくれます。

2.ログを別形式でエクスポートします。
  KMLやGPXがありますので加工編集するソフトに合わせて選択します。
  今回はGPXを選択します。

3.trk2googlemapsでGPXをインポートします。
  ちょこちょこっと設定をいじってHTMLへ出力します。
  あとはブログにアップすれば終了です。

トラックログはそのままだと数万件あってまともに動かない重さになってしまうのである程度の間引きは必要です。
ちなみにこのブログでは2000件程度にしています。


© 2003-2014 うーたんの小部屋 | Powered by Wordpress