北海道上陸 北海道上陸
去年に続き今年の夏も北海道にフェリーで行ってきました。
往路の航路は去年と同じで新潟から小樽です。
深夜1時半頃に出発。
都内と三国峠のみ高速を使い他は一般道でひたすら北上。

道の駅国上 フェリー乗り場
途中「道の駅国上」で朝ご飯を食べ無事新潟フェリーターミナルに到着です。

フェリー
今回乗るフェリー。
10時30分出港なのでわりとギリギリになってしまいましたが新日本海フェリーの乗船が事前に印刷したバーコードだけでよくなっていたり車検証を見せる必要がなくなってたりで随分とスムーズになっていました。
前は運転手だけ車で乗船だったのも一家全員車乗船可能になっているのも以外と楽かも。

フェリー フェリー
船内ではビンゴ大会で盛り上がってみたり夕日を見たり船長さんルックになってみたりであっという間に寝る時間になります。
乗る前はどうやって時間を過ごすか考えてしまいますが以外にあっという間に時間が過ぎるものです。

山の寿
今回船内に持ち込んだ日本酒はこれ。
「山の寿」です。
デッキに出て撮影したのですがスリッパで出るもんじゃありませんね。
しぶきで床がぬれていて思いっきり滑って転ぶところでした(汗)。
次の日の到着が早朝4時なのであまり遅くまでは飲めませんが真っ暗な海ときれいな星空を見ながらの日本酒もいいものです。

小樽港
あっという間に小樽港到着です。
4時30分到着なのでゆっくり行っても札幌には6時頃到着しちゃいます。

時計台 札幌テレビ塔 札幌ドーム
いくつか観光スポット(時計台、札幌テレビ塔、札幌ドーム)を眺めつつ無事到着です。

佐倉チューリップフェスタ
毎年恒例となっている佐倉チューリップフェスタに行ってきました。
今年は週末の天候がいまいちだったのもあって最終日になってしまいました。
おかげでチューリップも満開の時期を過ぎちょっと枯れ気味。
それでも遠目に見る分には十分きれいで楽しめました。

色々写真でもどぞー。
佐倉チューリップフェスタ

佐倉チューリップフェスタ

佐倉チューリップフェスタ

佐倉チューリップフェスタ

佐倉チューリップフェスタ

2012/02/12 22:42山梨でほうとう

久しぶりにほうとうが食べたくなったので山梨に行ってきました。
ほうとうの目的地はいつもの「七福」さんです。

この時期の高速道路は渋滞知らずなんですかね?
首都高、中央道ともに渋滞せずに勝沼周辺までこれました。
ちょっと時間が早いので「ハーブ庭園旅日記」をお散歩。
この時期ハーブはあまり咲いていなくて一部のハウス内のみなのですが、兄弟たちは空いている園内を走る走る走る。
ハーブがなくても問題ないようです(笑)

七福
一つ目の目的地の「七福」さん到着です。
12時を少し過ぎたあたりでの到着でしたがすでに満席。
雑誌か何かに掲載でもされたんでしょうかねぇ。前はこんなに混んでなかったと思うのですが。
あいかわらず美味しいほうとうと馬刺しを堪能してきました。

楠精肉店
続いては馬刺しを入手します。
馬刺しを取り扱っている精肉店さんが点在していますが、今回はその中から「楠精肉店」さんに行ってみました。
素敵な外観です。
店内にはもちろん馬刺しもあります。
爆弾コロッケが有名らしいのですが知ったのは帰ってきてから。次回リベンジです。

大塚人参
最後は恒例の温泉へ。
行先は「のっぷいの湯」。
甲府の夜景を見ながら露天風呂に入れるここは我が家の定番スポットですが、ここに行くと大塚人参が手に入ります。
上の写真のようにごぼうみたいに長い人参はとっても甘いのです。(ピンボケ写真だ・・・)
うーたんは人参大好きなので生で食べちゃってます。

行き当たりばったりのドライブも終了。
帰路につきます。ふぅ。

2011/08/10 22:27函館 2日目

函復路
暑い暑い夜を過ごしてびちょびちょになりながら2日目の函館に繰り出します。
最初の目的地は函館市場です。
ぷ~らぷ~らしながら見ていると気になるもの発見!

函館市場
活いか釣掘!!
なんと水槽の中にいるイカを釣った上にその場でさばいてくれて食べられるらしいです。
値段を考えるとちょっと高いですが何事も経験ということで(笑)
イカに水をかけられながら釣り上げていましたよ。

函館市場
見よ、この透き通ったイカを。
しょうゆを垂らすとイカが動き出します。
まさに踊り食い。
口の中でうねうね動いているのを食べます。もちろんコリコリしていておいしいです。

ラッキーピエロ
予報通り雨が降りだし、さらに結構強い雨足だったのでお土産を買いつつ帰路につきます。
ランチ用に「ラッキーピエロ」&「ハセガワストア」を買ったり、「カールレイモン」のソーセージを買ったりしつつ、

坂
坂の街なので坂の写真を撮り、

大沼公園
途中大沼公園で休憩を兼ねたランチタイムです。
ちょっと雨が上がったすきに公園を散策して発散タイム。
有名らしいダンゴを入手したところでサプライズが。

蒸気機関車
なんか駅周辺に人がいっぱいいるなーと思っていたら蒸気機関車が来ました。
みんなこれが目当てだったようです。

その後は高速で一気に帰ろうと思っていたのですが、苫小牧あたりで事故渋滞情報を見つけたので、いったん下道に降りて「天然温泉なごみの湯」に立ち寄ることにしました。
ここで夜ご飯とお風呂を済ませての帰宅となりました。

2011/08/09 22:58函館 1日目

函館往路
せっかく車で北海道に上陸したのだから普段行ったことのないところに行ってみたい!ということで函館に行くことにしました。

札幌からだとそれなりに時間がかかるのですがあちこち寄り道しながら行く予定なので下道で突き進みます。

「中山峠」
到着したときは羊蹄山もくっきりと見えていましたがあっという間に雲の中に。
中山峠名物の揚げいも久しぶりに食べました。
中山峠

「やまさき駅」
海岸線をひたすら走っている際にトイレ休憩で寄った誰もいない駅です。
たまたま電車が来たので撮影してみました。
やまさき駅

やまさき駅

「道の駅 YOU・遊・もり」
ちょっと遅めのランチです。
すごーい広い公園が併設されていてうーたんも走り回ってました。
ランチはせっかくなので「うにいか丼」にしてみました。
道の駅 YOU・遊・もり

いよいよ函館入りです。
天気予報で明日は雨みたいなので今日のうちに色々回ってみることにしました。
「トラピスチヌ修道院」
トラピスチヌ修道院

「五稜郭」
星型の展望台とか。
五稜郭

展望台から見た五稜郭とか。
五稜郭

恐る恐る覗き込む。
五稜郭

「函館山」
日が沈む様子とか。
函館山

有名な景色とか。
夜景写真はきれいに撮れてるのがないので省略。
函館山

と、こんな感じでざざざざざと函館観光をしてみました。
この後は宿に行って寝るだけです。

・・・とはいかず、この日は珍しいくらい暑い日だったのですが、普段あまり暑くならない宿にエアコンがあるわけでもなく、しかもまったくもって無風で部屋に熱気がこもって蒸し風呂のような暑さ。
廊下のほうが若干涼しいので戸開けっ放しにしてもまったく温度下がらずで、なぜか札幌にいながら非常に寝苦しい夜を体験することになってしまいました。
翌朝起きた時全員びっちょびちょでした。

北海道上陸
今回の札幌帰省は車で行くことにしてみました。
フェリーに乗っている時間は朝10時30分出発の翌朝4時30分到着で約18時間の長旅ですが、なんとかなるだとうということで(笑)
今回は新潟-小樽航路にしてみたのでまずは10時30分発のフェリーに間に合うように新潟入りする必要があります。
というわけで仕事から帰ってきた後に車に色々と荷物を積み込み夜中の12時に出発です。
都内を抜けるのと三国峠付近以外はオール下道。
まぁ夜中なので順調に新潟入りしましたよ。

途中こんなところに立ち寄りつつ・・・(朝5時。当然お店はやっていませんでした。)
カネセ商店

無事、新潟港到着です。
今回乗るフェリーはライラック。かなり大きな船です。
フェリー

夏休み中ということもあって船内に人は多いですが個室予約なのでくつろぐのは全然問題なかったです。
新潟港近くで仕入れておいた牛丼ランチして、船内で開催されているビンゴゲームやらジャグリングなどのイベントを満喫し、デッキから日が沈むのを眺め、お風呂に入ってあっという間に寝る時間(笑)

子ども達が寝た後は大人の時間です。
今回持ち込んだのはこれ。
三重県のお酒です。
「田光 純米吟醸 無濾過 雄町 中取り 生」
田光
せっかくフェリーに持ち込んだので外で撮影してみましたが、真っ暗すぎて意味不明な写真になってしまいました。
お酒はお米の旨味がしっかりと感じられておいしくいただきました。

到着に備え早めに寝ましたが朝はあっという間にやってきます。
朝3時頃の船内放送で強制的に起こされ慌ただしく下船準備をし、予定通り4時30分小樽に到着です。
フェリーから降りた後は本州ナンバーを狙ったねずみ取りが待ち構えていたりするので要注意。
のんびり札幌に向かって無事実家に到着しました。

長距離&長時間の長旅でした。

2011/07/09 23:25ヤマメの里


以前山梨方面にドライブに行った際に見つけて気になっていた「ヤマメの里」に行ってきました。
「ヤマメの里」はその名の通りヤマメ釣りをできるのですが、所在地はかなり山の奥で大自然に囲まれた場所でした。
夏本番を向かえて暑くなってきた頃だったのでちょうどよかったです。

今回はバーベキュー用の食材を持参。
釣ったばかりの魚と一緒に食べたいところですがどうなるでしょう。
釣竿をレンタルして早速開始です。

ヤマメの里
ここはよく見かける釣堀とはちょっと違い流れる川を何段かにせき止めてあります。
どの段にもそれなりに魚はいるようなので適当に竿を下してみますがなかなかヒットせず。
しばらく様子を見ていると最上段で釣っている人が結構ヒットしていたのでそそくさと移動。
移動後は満足できるほどヒットして、最終的には6匹釣り上げました!

ヤマメの里
釣った魚はその場でさばいて焼いちゃいます。
持参したほかの食材とともに大自然の中で食べるのは気持ちいいしおいしい。
かなり満足だった「ヤマメの里」訪問になりました。

その後は帰路へ・・・とはならずに立ち寄り湯へ。
山梨行った際の我が家の定番「みたまの湯」で温泉&夜ご飯を満喫。
普通に帰って中央道の渋滞にはまるくらいならゆったりのんびりしてからスイスイ帰ったほうが気分的にも楽、って今回もこのコースになりました。

2011/05/21 23:54富士サファリパーク

富士サファリパーク
白サイの赤ちゃん誕生記念で富士サファリパークの入園優待券を入手したので早速行ってみました。
我が家にしては珍しくレジャー施設です。

自分の車から動物たちを間近に見れることに子供たちと一緒に大人もワクワクしちゃいます。

早速入場。
DANGERという文字がサファリパークに来たという気持ちを高めてくれます。
富士サファリパーク1

「クマ」
大きくて迫力満点。
富士サファリパーク2

「ライオン」
さすが百獣の王。勇壮な姿はさすがです。
富士サファリパーク3

「トラ」
夜行性なだけあって昼間はなかなか動いてくれません。
富士サファリパーク4

「チーター」
ハンターのような目の鋭さとスマートな体つきは格好いいです。
富士サファリパーク5

「キリン」
ながーいくびが特徴のキリンです。ちょっとこっちが気になるようで。
富士サファリパーク6

「ゾウ」
大きくて迫力いっぱいです。やっぱり人気者ですよね。
富士サファリパーク7

「シマウマ」
道路を横切ってくれたので間近で見れました。
富士サファリパーク8

おまけ。
サファリパークの専用車に乗ると車内から餌やりができるみたいです。
富士サファリパーク9

サファリパークを満喫した後はちょくちょく寄り道して帰りました。
・「山崎精肉店」さんで馬刺しを購入
・道の駅ふじおやま
・山中湖温泉紅富士の湯

2011/02/12 12:21いちご狩り

いちご狩り
毎年恒例となっているいちご狩りに来ました。
今回も「作田いちご園」さんです。

2月になったのにもかかわらず凄い寒さで外に出るのは勇気がいりましたが、2月でいちごはなっているはずだしハウス内はあったかいだろう、ということで来てみました。
こんな寒さでも結構な数がいちご狩りに来ているようですが「作田いちご園」さんはいっぱいハウスがあるので問題なし。
最初はいちごを口にいれなかった弟君も途中からはもっとくれ要求が出てきました。
きっとおいしかったのでしょう。

山梨

ほうとうを食べに山梨県に行ってきました。
今日は高速道路が空いていたので2時間もかからず勝沼周辺に到着です。
ほうとうを食べに行く前に道の駅「甲斐大和」と地元スーパーに立ち寄ります。
スーパーにて早速お宝ゲット!
・ほうとう生麺
・馬刺し

ほうとうは甲府が発祥だと思いますが、甲府周辺よりも勝沼周辺のほうが雰囲気の良いお店が多い印象。
今日行ったお店も勝沼です。
過去何度か行ったことのある「七福」さんです。

鳥モツ煮
まずはB級グルメで一躍全国区になった鳥モツ煮込み。
あっさりとした味付けで非常においしかったです。
鳥モツ煮込みを食べたのは2回目ですが今回のほうが断然おいしい。
お店によってきっとばらつきがあるのでしょう。

ほうとう
次にメインのほうとうと馬刺し。
ほうとうは種類があるわけではなくこれ1種類。
ここのほうとうはとってもおいしいです。
今日は頼みませんでしたが鹿刺しやふきのとうの天ぷらもメニューにありました。

その後は露店風呂から甲府盆地を一望できる「みはらしの丘みたまの湯」に行って温泉満喫。
いろんな雑誌やテレビでも紹介されるくらい絶景が有名な温泉です。
ここに行くのは2回目ですが夜景のタイミングに行くと最高かもしれないです。
今日は帰りが遅くなるので夜景になりきる前に帰宅しちゃいました。


© 2003-2014 うーたんの小部屋 | Powered by Wordpress