裏鍋島
「鍋島 純米吟醸 隠し酒 生(裏鍋島)」
人気絶頂でどんどん買いにくくなる鍋島の裏Verです。
佐賀県のお酒です。
いろんな種類の荒走り部分と攻め部分が混ぜ合わさっています。

裏鍋島

鍋島
「鍋島 純米吟醸 雄町 生」
今話題の鍋島の雄町生を入手しました。佐賀県のお酒です。
鍋島は数種類飲んでいますがこの雄町は初飲みになります。

鍋島
早速開栓。
心地よい香りが鼻を抜けます。
口に含むとトロピカルな味わいが口いっぱいに。
鍋島はどれを飲んでも外れなしでおいしい。
受賞した影響でやや買いにくいですけれど取扱い店もそれなりにあるのでタイミングさえあれば十分買えます。
手に入れられるお酒でおいしいのがあると嬉しいですね。
あとは純吟愛山を飲めればいいなぁ。

裏鍋島
「鍋島 純米吟醸 隠し酒 生(裏鍋島) 3月Ver」
裏鍋島 2月Ver購入後に出荷月により中身が異なることを知り、是非とも3月Verも飲んでみたいと思い酒屋さんに行くと置いてあったので購入してみました。佐賀県のお酒です。

裏鍋島
早速開栓。
今回は2月Verも残っているので飲み比べです。
香りはやや強めで2月Verよりは明らかにこっちのほうが上。
口に含むと様々な風味を感じられます。
2月Verと3月Ver、同じ銘柄ですが中身は全く別物。
個人的には2月Verのほうが好きです。

裏鍋島
ちなみに出荷月によりボトルキャップが異なるようです。
 2月Ver・・・黒
 3月Ver・・・金

裏鍋島
「鍋島 純米吟醸 隠し酒 生(裏鍋島) 2月Ver」
家のみ2本目となる鍋島。佐賀県のお酒です。
この鍋島はラベルの文字が裏返しとなっており裏鍋島と呼ばれているものです。
通常の鍋島と異なり様々なタンクの鍋島がブレンドされているものになります。
なお、出荷タイミングによりブレンドの内容が違うようです。(1月Ver、2月Ver、3月Verがある)

裏鍋島
早速開栓。
香りはフルーティ。口に含むと柔らかな口当たりで旨味がいっぱいに広がります。
様々なスペックがブレンドされているためか甘味と苦味と酸味それぞれを感じられます。
これは他の裏鍋島も飲み比べてみたいです。

2011/03/25 23:58かもし屋 淳吟

久しぶりの札幌訪問。
昨年夏に引き続き新千歳空港から直行で行ってきました。(前回の記事はこちら)
行先は「かもし屋 淳吟」。札幌中心部ではないですがおいしい日本酒&料理が食べられるお店です。

今回は震災後の訪問ということもあり東北酒で応援と思っていたところ、東北酒は軒並み完売状態。
みなさん考えることは同じのようです。
ということで今回飲んだ日本酒はぜんぜん東北しばりではなくなってしまいました。

川中島幻舞
「川中島幻舞 しぼりたて 無濾過生原酒」
長野県のお酒です。
最初の一杯目はさんざん悩んでいたところメニューにないお酒を出してもらいました。
幻舞は初飲みですが、とってもおいしかったです。

而今五百万石
「而今 純米吟醸 五百万石 無濾過生」
三重県のお酒です。
今期スルーしていたお酒が飲めました。
三重MK3酵母を使っていることから通称而今MK3です。
さすが而今。フルーティでおいしかったです。

鍋島山田錦あらばしり
「鍋島 純米吟醸 山田錦 生 あらばしり」
佐賀県のお酒です。
この山田錦あらばしりは口開けだったのもありピチピチ感が十分。
これもおいしかったです。

今回飲んだのは控えめに3種類。
前回行ったのが2010年8月で約半年ぶりの訪問だったけどお店の方に覚えてもらっていたのはうれしかったです。

鍋島
「鍋島 純米吟醸 愛山 lovery label」

たまたま立ち寄った酒販店にて購入。佐賀県のお酒です。
鍋島はいろんな雑誌のランキングで上位入賞しているお酒で、旨旨のお酒のようなのでラスト1本を手に取ってみました。

鍋島
早速開栓。
愛山らしいよい香りが立ち上がってきて期待が膨らみます。
口に含んだ途端、妖艶な旨味が口の中を支配。
!!!
うめー!!なんじゃこりゃー!!!
口の中がトロピカル♪
ラベルは反射して撮影しにくいけどこの鍋島は機会があればまた飲みたいです。


© 2003-2014 うーたんの小部屋 | Powered by Wordpress