こんな夜に
「こんな夜に 山女 純吟 奔酒」
多くの日本酒が銘柄を大きく書いているのとは対照的に小さな字の銘柄。
そして種類によって異なるキャラクターの登場するこのお酒は前々から気になっていて飲んでみたいと思っていました。
今年から杜氏さんが変わるとのことですが味の変化はどうなるのでしょうか?
少し気になります。
今回の山女はまだ杜氏さんが変わる前に仕込まれたもののような気もしますが詳細はわかりません。
長野県のお酒です。

こんな夜に
早速開栓。
香りはかすかに感じる程度です。
口に含むとほのかな甘みを感じますが結構ピリピリする感じもします。
もうちょっとフルーティ系かなと思っていましたがちょっと違うようです。
温度が上がってくると甘みが強くなってきてスイスイとのどの奥に流れていきます。
うーん、おいしいです。

山女のほかに鹿や満月などラインナップがあるので入手する機会があれば試してみたいと思います。

篠峯
「篠峯 純米生原酒 直汲無濾過」
前々から行きたいと思っていた酒屋さんで試飲させてもらって気に入ったので購入しました。
奈良のお酒です。

篠峯
早速開栓。
香りからしておいしそうな雰囲気がビンビン伝わってきます。
口に含むと直汲由来なのかピリピリとした感覚が下に伝わってきた後にふわぁっとした旨味が口いっぱいに広がります。
これはまた美味しいお酒に出会いました。

而今にごり
「而今 特別純米 にごりざけ」
昨年初めて而今のにごりを飲んで今年も是非入手したいと思っていた1本です。
昨年は様々なブログで4GBの密封栓のほうが美味しいと言われていたので迷わず4GBで購入しました。

而今にごり
早速開栓。
開栓時に苦労すると思いきや割とすんなりと開きました。
香りは而今らしい柔らかな香りです。
口に含むとシュワッとした感触と共に米の甘味が口いっぱいに拡がります。
さすが而今!相変わらず美味しいです。
もったいないのでちょびちょび飲んでいきたいと思います。

三千櫻
「三千櫻 純米五百万石 しぼりたて」
前々から飲んでみたかったお酒で家のみ初銘柄になります。岐阜県のお酒です。
ラベルからきれい系のイメージが伝わってきます。

三千櫻
早速開栓。
香りはほんのり香る程度。
口に含むとしぼりたての新酒ということもありピチピチとしたガス感がしっかり感じられます。
甘酸が口の中にじゅわっと拡がった後ちょっと渋味(苦味)がありますが、すーっと喉の奥に入っていきます。
とってもおいしかったです。

あさきぬ
ちょっとした知り合いのおすすめもあって、「んまい」さんから徒歩5分くらいの「あさきぬ」さんに移動してみました。
こちらも烏丸御池すぐそばです。

あさきぬさんは熟成酒が得意とのことですが、まだ冷たいお酒を飲み足りなかったので最初は冷たいお酒のおすすめをいただくことにします。

「いい風 花 純米吟醸 袋搾りしずく酒 雄町 生原酒」
いい風

次からは燗で。
普段燗酒はあまり飲まないのですがせっかくの機会なのでいただくことにしました。
「喜楽長 辛口純米酒」
喜楽長

「開春 倇 生酛木桶仕込」
開春
なんとこのお酒90%精米です!

あさきぬさんはカウンターのみ8席くらいで、まったり飲めてとても居心地の良い空間でしたが、帰りの新幹線の時間で迫ってきていたので慌ただしくお店を後にすることに。。。
日帰り京都で2件も回れるとはちょっと意外でしたが何とかなるものです。

日帰り京都出張の際にちょっと寄り道をしてみました。
烏丸御池から徒歩3分くらいの倍にある「んまい」さんです。
このお店は烏丸御池周辺で展開している「馳走いなせや」さん系列です。
以前「馳走いなせや」さんに伺った際に紹介してもらいました。

17時の開店と同時に入店。
最初の一杯はお店の人たちが自分たちで汲みに行ったピチピチのものを頂きました。
ノンラベルの瓶だったので銘柄は失念してしまいました。

生肉を食しながら二杯目に突入です。
「大治郎 純米吟醸山田錦 生酒」
大治郎

大治郎

そろそろ次を・・・というところで急遽予定変更。
烏丸御池に行くのなら○○行っとけ、という指令が来ましたので移動することにします。

而今 三重酵母
「而今 特別純米 三重酵母火入」
約1年間常温で寝かせた放置した而今を開栓しました。

而今 三重酵母
1年熟成させただけあって色はほんのり黄色みがかっています。
口に含むとやや濃厚な味わい。でもいつもの而今です。
而今らしいフレッシュさよりもまったりとした感じですがおいしくいただきました。

田酒
「田酒 純米吟醸 百四拾」

新年最初の開栓はたまたま入った酒屋さんで見つけた田酒。青森県のお酒です。
田酒も入手困難酒の筆頭で家飲みは特純に続き2本目になります。

早速開栓。
香りはあんまりしません。
口に含むと米の旨味が感じられる優しい味わいです。
これはスイスイ飲めてしまう系ですね。あぶないです。

2012年になりました。
Blog最初のエントリーは2011年の振り返りでスタートを切りたいと思います。

2011年はいろいろなことがありました。敢えてあげるとすればこの二つ。
一方は悪いことでもう一方は良いこと。
・3月の大震災
・9月の長女誕生

2012年はどうなるでしょうか。
我が家は3人の子供に囲まれあっという間の1年になりそうです。

2011/12/29 21:00淳吟で飲んだお酒

久しぶりの淳吟訪問です。
さすが人気店。予約時点でカウンターしか空いてないとか。しかも遅刻する始末。スイマセン

入り口のドアを開けると奈良萬が詰まったP箱にテンションアップしつつも飲み始めです。

ここに来たら最初の1杯目はやっぱり奈良萬。
「奈良萬 純米生酒 おりがらみ」
奈良萬

おりがらみの開栓3日目と開栓直後の飲み比べです。
味乗りは3日目ですが開栓直後のピチピチシュワシュワが美味しくて個人的にはこっちがお好みでした。

2杯目は「姿 純米吟醸 無濾過生原酒 別注直汲み」
姿

姿

別注直汲みということで期待が膨らみます。
開詮したてとのことですが既にノリノリ。
姿らしさ全開でウマウマです。

3杯目は「屋守 仕込み一号 純米おりがらみ生」
屋守

屋守

好みのやもり、23BYも最初っから美味しいです。
おりがらみは飲めないと思っていたのでよい出会いしました。

4杯目に行く前にちょっと脱線です。
隣で飲んでるのを見て気になり味見させてもらいました。
「梅乃宿 あらごしみかん」
梅乃宿

これやばいです。つぶつぶジュースそのもの。アルコール感ゼロ。
悪用厳禁ですね(笑)

でもって4杯目。
「伯楽星 純米 おりがらみ 本生」
伯楽星

伯楽星

震災で今までとは違う蔵で作ったお酒です。
心して飲みます。といいつつも酔いも廻ってるので美味しい記憶のみ。

今日も美味しいお酒に料理ごちそうさまでした。
また帰省した際は行きたいと思います。

珍しく〆行ってみました。
画像はありません。そしてラーメンじゃないですよ、みよしのの餃子カレーです。
何気にみよしのって札幌だけなんですかね?東京じゃ見かけないです。


© 2003-2014 うーたんの小部屋 | Powered by Wordpress