日本酒

またもや「あさきぬ」さん訪問です。
京都にもおいしい日本酒を飲めるお店がいっぱいあるようなのでもっともっと探検してみたいところですが、今回も迷わず訪問。
帰りの新幹線の時間もあるのでちょっとだけです。

「月の桂 純米酒 あらばしり 生原酒」

「風の森 秋津穂 純米 しぼり華 無濾過無加水生酒」

「竹生嶋 辛口純

日本酒

日帰り京都出張の際にちょっと寄り道をしてみました。
烏丸御池から徒歩5分くらいの場所にある「馳走いなせや」さんです。
2回目の訪問なので迷わずに到着です。

「北川本家 純米吟醸 五百万石 無濾過 生原酒 斗瓶採」
いなせやさんの関係者たちが蔵まで足を運んで汲んできたそうです。
おそらく他では飲めないのだと思います。

日本酒

「鍋島 純米吟醸 雄町 生」
今話題の鍋島の雄町生を入手しました。佐賀県のお酒です。
鍋島は数種類飲んでいますがこの雄町は初飲みになります。

早速開栓。
心地よい香りが鼻を抜けます。
口に含むとトロピカルな味わいが口いっぱいに。
鍋島はどれを飲んでも外れなしでおいしい。
受賞した影響でやや買いにくいですけれど取扱

日本酒

「外ヶ濱 Flower Snow 吟醸 生酒」
あの田酒を醸す西田酒造店さんの地元向け銘柄です。青森のお酒です。
昨年も某酒販店さんで購入し飲んだのですが、テレビでこれが取り上げられて今年は一気に注目銘柄に!(昨年の記事)
今年は首都圏の酒販店さんにも結構入荷したようであちこちで買えたみたいです。
Flower Snowという名前からかなりきれいな印

日本酒

珍しく地方に来ています。
ここは新潟県糸魚川。さすが日本酒の新潟と言われるだけあります、駅ビル(?)に酒樽がいっぱいです。
謙信、月不見の池、加賀の井、雪鶴、根知男山、いずれも地元糸魚川の酒蔵のようです。

今回の目的地はここ。
ドキがムネムネしながら扉を開けるとそこ待っているのは日本酒の楽園。

日本酒を好んでいる人

日本酒

「呉の土井鉄 純米吟醸しずく 生」
メイン銘柄は宝剣ですが超限定で出荷される「呉の土井鉄」を偶然にも入手することができました。
この「呉の土井鉄」は宝剣のしずく絞り斗瓶取りVerとのこと。
広島県のお酒です。

早速開栓。
香りはかすかにする程度です。
口に含むときれいなお酒だなぁという感覚の後に辛味がやってきます。

Travel

久しぶりにほうとうが食べたくなったので山梨に行ってきました。
ほうとうの目的地はいつもの「七福」さんです。

この時期の高速道路は渋滞知らずなんですかね?
首都高、中央道ともに渋滞せずに勝沼周辺までこれました。
ちょっと時間が早いので「ハーブ庭園旅日記」をお散歩。
この時期ハーブはあまり咲いていなくて一部のハウス内のみなのですが、兄弟たちは空いている ...

日本酒

仕事が早めに終わったので同僚と一緒に飲みに行ってきました。
行ったお店はまだオープンしたての「日本の酒 シフク」さん。
東急東横線の元住吉から徒歩5分くらいのところにあります。

お店はカウンター5席くらいとテーブル席が3つとこじんまりとした感じですが、日本酒の品揃えは充分です。
冷蔵庫をのぞいた感じだと15本くらいのストックがあって半分くらいの封

日本酒

「鼎 純米吟醸酒 番外 おりがらみ」
この顔のようにも見えるラベルに非常にそそられます。
長野県のお酒です。

早速開栓。
香りからしてフルーティな味わいができる感じです。
口に含むと口の中いっぱいに甘旨が拡がりすーっとのどの奥に流れていきます。
これもまた美味しいお酒であっという間になくなってしまいそうです。

日本酒

「こんな夜に 山女 純吟 奔酒」
多くの日本酒が銘柄を大きく書いているのとは対照的に小さな字の銘柄。
そして種類によって異なるキャラクターの登場するこのお酒は前々から気になっていて飲んでみたいと思っていました。
今年から杜氏さんが変わるとのことですが味の変化はどうなるのでしょうか?
少し気になります。
今回の山女はまだ杜氏さんが変わる前に仕込 ...