日本酒

矢島酒店さんが主宰する「第2回矢島酒店情熱地酒の会」に参加してきました。
こういうお酒の会への参加は初でしたがいろいろな美酒を堪能でき大満足でした。
当然のことながら帰りはヘロヘロでしたが。。。

写真は一部しか撮っていませんが備忘録もかねて書いておきます。

「宝剣 呉の土井鉄 純米吟醸しずく」

「三重錦 純米大吟醸 中取り 経過簿

ベランダ野菜

暖かくなってきてベランダ野菜たちもすくすくと育つ季節になってきました。
と同時に虫との戦いの時期でもあるので日々葉っぱの裏を観察する日々です。

「じゃがいも」
先日植えたじゃがいもも成長し15cmほど伸びたので増し土をしました。
毎日グングン伸びています。

「トマト」
トマトの苗を2つ購入しました。
ミニトマ

日本酒

「山間 9号 無濾過生原酒」
22BY、4本目となる山間。新潟県のお酒です。
この9号は越端麗100%の純米大吟醸規格になります。

早速開栓。
香りはフルーティ。
口に含むと山間らしい華やかな味わい。そしてす~っと流れていきます。
山間はどのスペックを飲んでもおいしいです。

サーバー構築

ServersMan@VPSの初期状態だとCentOS 5.4が起動します。
先日CentOS 5.6がリリースされたのでCentOS 5.4→CentOS 5.6にバージョンアップします。

※注意!!
CentOSのバージョンアップでいきなりyum updateするのはNGです。
きちんとCentOSのリリースノート(CentOS 5.6 リリ ...

日本酒

「屋守 純米無調整生 袋吊るしうすにごり」
屋守の季節限定Verとなる袋吊るしうすにごり。東京都のお酒です。
この袋吊るしは冷蔵庫事情からあきらめかけていたのですが、蔵出荷からしばらく経ってから某酒屋さんにあることがわかり入手してみました。

早速開栓。
香りはフルーティです。
まずは澱を絡めずに一口。次に澱を絡めて飲んでみます。

日本酒

「鍋島 純米吟醸 隠し酒 生(裏鍋島) 3月Ver」
裏鍋島 2月Ver購入後に出荷月により中身が異なることを知り、是非とも3月Verも飲んでみたいと思い酒屋さんに行くと置いてあったので購入してみました。佐賀県のお酒です。

早速開栓。
今回は2月Verも残っているので飲み比べです。
香りはやや強めで2月Verよりは明らかにこっちのほうが

日本酒

「外ヶ濱 特別純米にごり酒 生 FLOWER SNOW 華雪」
田酒を造る西田酒造店の地元青森県向け銘柄、外ヶ濱のにごり酒。青森県のお酒です。
この外ヶ濱という銘柄は通常首都圏に出荷されることはないのですが、FLOWER SNOWはいくつかの酒販店で販売されたようで購入機会があり入手することができました。

早速開栓。
吹き出しご免とある

日本酒

「鍋島 純米吟醸 隠し酒 生(裏鍋島) 2月Ver」
家のみ2本目となる鍋島。佐賀県のお酒です。
この鍋島はラベルの文字が裏返しとなっており裏鍋島と呼ばれているものです。
通常の鍋島と異なり様々なタンクの鍋島がブレンドされているものになります。
なお、出荷タイミングによりブレンドの内容が違うようです。(1月Ver、2月Ver、3月Verがある)

グルメ, 日本酒

久しぶりの札幌訪問。
昨年夏に引き続き新千歳空港から直行で行ってきました。(前回の記事はこちら)
行先は「かもし屋 淳吟」。札幌中心部ではないですがおいしい日本酒&料理が食べられるお店です。

今回は震災後の訪問ということもあり東北酒で応援と思っていたところ、東北酒は軒並み完売状態。
みなさん考えることは同じのようです。
ということで今回飲んだ日本酒 ...

日本酒

「山間 5号 無濾過生原酒」
22BY、3本目となる山間。新潟のお酒です。
この5号は高嶺錦の特別純米規格みたいです。

早速開栓。
今まで飲んできた2号や4号とは違う雰囲気ながらも口の中をす~っと通りぬけていきます。
これはどんどん量が減りそうな雰囲気。
杜氏である武田さんが今期最高の出来というのもうなずけるおいしさです