WordPressの高速化のためにMySQLのキャッシュ機能を有効にします。
最初にMySQLでクエリキャッシュが有効かどうかを確認しておきます。
query_cache_sizeが0になっていたら無効になっています。

$ /usr/local/mysql/bin/mysqladmin -uroot -p variables |grep query_cache_size
Enter password: ********
| query_cache_size                  | 0                     |

クエリキャッシュを有効にするために/etc/my.cnfに下記を追加します。
/etc/my.cnf

[mysqld]
(省略)
query_cache_limit = 1M
query_cache_min_res_unit = 4k
query_cache_size = 32M
query_cache_type = 1

MySQLを再起動するとクエリキャッシュが有効になります。
あらためてクエリキャッシュの状況を確認します。
query_cache_sizeの値が増えていればOKです。

# /usr/local/mysql/bin/mysqladmin -uroot -p variable |grep query_cache
Enter password: ********
| have_query_cache                  | YES                   |
| query_cache_limit                 | 1048576               |
| query_cache_min_res_unit          | 4096                  |
| query_cache_size                  | 33554432              |
| query_cache_type                  | ON                    |
| query_cache_wlock_invalidate      | OFF                   |