ServersMan@VPS DAGのリポジトリ追加

サーバー構築

いろいろなパッケージをインストールするのにCentOS公式のRPMだけだと不足する場合があります。
そんなときにDAGを使えるとちょっと幸せになれます。

$ wget http://packages.sw.be/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386.rpm
# rpm -ivh rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386.rpm

これで/etc/yum.repos.d/配下にrpmforge.repoが作成されます。
少し設定を変えてリポジトリをrikenに、enabledを”0″にしました。
/etc/yum.repos.d/rpmforge.repo

### Name: RPMforge RPM Repository for Red Hat Enterprise 5 - dag
### URL: http://rpmforge.net/
[dag]
name = Red Hat Enterprise $releasever - RPMforge.net - dag
#baseurl = http://apt.sw.be/redhat/el5/en/$basearch/rpmforge
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/dag/redhat/el$releasever/en/$basearch/dag
#mirrorlist = http://apt.sw.be/redhat/el5/en/mirrors-rpmforge
#
#mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge
enabled = 0
protect = 0
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-rpmforge-dag
gpgcheck = 1

yumでdagを対象にする場合は–enablerepo=dagを付けて実行する必要があります。