CentOS 5

RHEL5のリリースに伴ってCentOS5がリリースされたらしい。
yumでCentOS4からCentOS5にアップグレードしてみようかねぇ。

#rpm -Uvh http://mirror.centos.org/centos/5/os/i386/CentOS/centos-release-5-0.0.el5.centos.2.i386.rpm
# yum clean all
# yum --disablerepo=* --enablerepo=base --enablerepo=updates update yum* rpm*
# yum clean all
# yum --disablerepo=* --enablerepo=base --enablerepo=updates upgrade

コメント 2

  • CentOSのカーネルソースのインストール方法に浮いて教えてください。
    (RedHat7.3のころ少しインストールしたきりで最新情報に疎いです)
    rikenサイトより、インストール済みと同じバージョンのRPMソースを見つけダウンロードし、rpm -ivh kernel-*.src.rpm を実行。
    /usr/src/kernel/?/SOURCEに、以下のものが展開されました。
    ***.patch が多数と
      linux-2.6*.tar.bz2
    patch-*.bz2
    上記のrpm -ivh kernel-*.src.rpm は、パッチも正しく反映されているのでしょうか。
    rpm,patch,yumに不慣れですので、教えてください。

  • 連絡が遅くてごめんなさい。
    カーネルソースのインストールの仕方違うようです。
    現在はkernel-develというパッケージ名のはずです。
    よって、↓の方法でインストールされるはずです。
    # yum -ivh kernel-devel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)