ディスク容量圧迫の原因をduコマンドを使って探っていたところどうやら/var/log/audit.d以下のディレクトリに20MBの「save.*」や「bin.*」というファイルが100個以上できている。
これらのファイルはlausというLinux Audit-Subsystemが作成しているようだ。
内容はシステムのコマンド実行履歴など。
KAJUKAJU.netで稼働しているサーバはpsacctというパッケージを使ってコマンド実行履歴を取得しているのでlausパッケージを削除する。

# rpm -qa laus
laus-0.1-66RHEL3
# yum remove laus
Gathering header information file(s) from server(s)
Server: CentOS-3 - Addons
Server: CentOS-3 - Base
Server: CentOS-3 - Extras
Server: CentOS-3 - Updates
Finding updated packages
Downloading needed headers
Resolving dependencies
Dependencies resolved
I will do the following:
[erase: laus 0.1-66RHEL3.i386]
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages
Running test transaction:
Test transaction complete, Success!
Erasing: laus 1/1
Erased:  laus 0.1-66RHEL3.i386
Transaction(s) Complete
# df -k
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/hde5              4031656    963472   2863388  26% /
/dev/hde1                99043     11125     82804  12% /boot
/dev/hde7              7017500   2076488   4584536  32% /home
none                    127048         0    127048   0% /dev/shm
/dev/hde2              4031560   1150860   2675900  31% /usr/local
/dev/hde3              4031560    501840   3324920  14% /var

いっきに「/var」の要領が確保された。